金浦空港近く お鍋でいただく絶品「きのこカルグクス」 気になるお店おすすめ№1【空港カルグスク(コンハンカルグスク)】

 

 

金浦空港近くのお鍋で作るクルグクス「空港カルグスク(コンハンカルグスク)」

 

空港カルグクスの「きのこカルグクス」

 

 

「カルグクス」と言えば、

「明洞餃子(ミョンドンギョジャ)」が有名ですが、

 

 

今日は、「明洞餃子(ミョンドンギョジャ)」に負けず劣らず美味しくて、

ちょっと変わった「カルグクス」をご紹介いたしましょう。

 

 

日本にも、「うどん」と「うどんすき」があるように、

韓国にも、「お鍋で作るカルグクス」があるんです!

 

 

珍しいので感動しますし、

〆の「雑炊」ならぬ「焼き飯(?)」まであるんです。

 

 

しかも名前が「きのこカルグクス」!

とてもヘルシーで、女子受け必定!!

 

 

場所は、「金浦空港」から歩けるほどの近さ

では、覗いてみましょう!!!

 

 

カルグスクとはどんな料理?

 

「カルグクス」がどんな料理か?は、こちらをご覧ください>>>

 

 

韓国の「ククス」と日本の「うどん」の違い

 

韓国の「ククス」と日本の「うどん」の違いは、こちらをご覧ください>>>

 

 

カルグスクの歴史

 

「カルグクス」の歴史は、こちらをご覧ください>>>

 

 

場所・アクセス・行き方

 

 

 

地下鉄5号線「松亭(ソンジョン)」(金浦空港駅から一駅です)

4眼出口を出て、大通り沿いに西側(金浦空港に戻る方向)へ120m歩きます。

 

 

左側の少し奥まった所に高いビルが見えますので、

その敷地をビル側に入っていきます。

 

 

そのビルの左端に看板がありますので、

その看板のある所から、地下へ下りていきます。

 

 

階段を下りたら、

左側がすぐお店です。

 

 

昼間に行くとこんな感じです

 

4番出口を出ます(昼間)

 

 

そのまま大通り沿いにまっすぐ120m歩きます(昼間)

 

 

左側に背の高いビルが出てきます そしてこのビルです(昼間)

 

 

この入り口から地下へ下ります(昼間)

 

 

階段を下りて右がお店です(昼間)

 

 

夜間に行くとこんな感じです

 

4番出口を出ます(夜間)

 

 

そのまま大通り沿いにまっすぐ120m歩きます(夜間)

 

 

左側に背の高いビルが出てきます そしてこのビルです(夜間)

 

 

この入り口から地下へ下ります(夜間)

 

 

階段を下りて右がお店です(夜間)

 

 

そして入口はこんな感じです

 

 

店内の様子

 

家族連れやカップルが多い店内

 

 

とても曖昧な言い方ですが、

「そこそこにぎやか」で「そこそこ静か」です。

 

 

他人や他のテーブルを気にせず利用できます

 

 

家族連れや、小さなお子様連れでも

全然気にせず入れますので、非常に助かります。

 

 

壁には有名人のサインがいっぱい

 

 

とにかく、有名人のサインが多い。

人気店だということがうかがえます。

 

 

あちらの壁もこちらの壁も有名人のサインでいっぱい

 

 

かと言って、若いお客様が多いわけではなく、

ご家族。カップル、老若男女いらっっしゃいます。

 

 

メニュー・注文

 

メニューは韓国語表記だけです

 

 

料理

 

「きのこカルグクス」を注文するとお鍋が運ばれてきます

 

 

「きのこカルグクス」を注文すると、

人数分が用意されます。

 

 

もし1人なら、「1人前か?」と聞かれますので、

遠慮なく「1人前です!」と答えましょう。(もちろんジェスチャーです)

 

 

以前は、「きのこカルグクス」は2人前からの注文でしたが、

最近は、1人前でも注文を受けてくれます(ありがたや ありがたや)。

 

 

店員さんは、おばさんが多く、とても気さくなので、

ジェスチャーでも全然問題ありません。

 

 

ふたを開けるとこんな感じです

 

 

「きのこカルグクス」を注文すると、IHプレート、お鍋、

キムチ、取り皿、お水、おしぼりが用意されます。

 

 

あとは、すべて店員さんがやってくれますので、

出来上がりを待つだけです。

 

 

IHのスイッチを入れてもらって、

お鍋のふたをしたまま、待つこと10分。

 

 

煮込むとこんな感じになります

 

 

頃合いを見計らって、店員さんが来てくれ、

ふたを開けてくれると、美味しい「きのこカルグクス」の出来上がり!

 

 

見た目にも美しく、見るからにヘルシー!

ふたを開けた瞬間、食欲前回です!!

 

 

器にとって食べます

 

 

うどんすきのように、カルグクス、きのこ、野菜を、

取り皿にとっていただきます。

 

 

おだしは、いわゆる「韓国風」

唐辛子の効いたピリ辛味です。

 

 

平打ち麵です

 

 

麺は平打ち麵で、のど越しがよく、

ツルツルと入っていき、とても美味しいです。

 

 

うどんよりはやわらかく、もっちりしていますし、

ピリ辛のお出汁との相性が格別でたまりません。

 

 

お鍋から取り分けていただきますので、

「韓国風うどんすき」といった感じで、

 

 

とても贅沢な料理をいただいている気分です。

そして、量も多いので、男性でも、十分満足していただけると思います。

 

 

〆の「雑炊セット」ならぬ「焼き飯セット」です

 

 

食事が進むと、店員さんが、

「ご飯セットはいりますか?」(もちろん韓国語で)と聞いてくるので、

 

 

「いります!」(もちろんジェスチャーで)と答えると、

「ご飯セット」を用意してくれます。

 

 

じつは「パプ(ご飯)」と聞こえるので、

恥ずかしながら、大きくうなづくだけなのです。

 

 

そういう観光客が多いのか、

何の問題もなく、「ご飯セット」が用意されました。

 

 

店員さんが作ってくれます

 

 

器にご飯、その上にきざみ海苔、

白ごま、生卵がのって出てきます。

 

 

カルグクスと具材を食べ終わると、

「もういいの?」(おそらくそんな感じです)と聞かれるので、

 

 

「もういいよ!」(悲しいかな、これもジェスチャーです)と答えると、

お出汁を器に移してくれます。

 

 

そして、空になったお鍋に、

先程の「ご飯セット」を移し、混ぜ合わせてくれます。

 

 

ちょうど「石焼ビビンバ」と同じ要領で、

焼きながら混ぜ合わせる感じです。

 

 

出来上がると、これまた「石焼ビビンバ」と同じように、

平たくして、お鍋に薄く広く押し付けてくれます。

 

 

おそらくこれで均等に火が回り

美味しくいただけるのだと思います。

 

 

出来上がりました

 

 

そして、先程お出汁を移した器をお鍋の横に置いて、

「どうぞ召し上がれ。」と言ってくれます。(きっとそう言ってくれていると思うのですが、、、)

 

 

お鍋のスープと一緒にいただきます

 

 

この「なべ焼きビビンバ」を器にとって、

先程のお出汁をスープとして、一緒にいただきます。

 

 

ビビンバは薄味、スープはピリ辛ですが、

これがよく合って、とても美味しいです。

 

 

「石焼ビビンバ」のような感じです

 

 

ご飯もホクホクで、食感は、正しく「石焼ビビンバ」

病みつきになりそうです。

 

 

お鍋で食べるカルグクス良し、〆のなべ焼きビビンバ良し、

大満足の「きのこカルグクス」です!

 

 

皆様、ぜひご賞味ください!!

 

 

その他

 

「空港カルグクス」は「きのこカルグクス」が有名ですが、

他にも色々メニューがありそうですので、

 

 

全メニュー制覇し、

皆さんにご紹介していきたいと思います。

 

 

そして、お客様は、観光客よりも、地元客が多そうですので、

「地元人気店」であること間違いなしですね。

 

 

おすすめサイト

 

香港おすすめ観光グルメサイト「We love HongKong !」はこちら>>>